コラム

コラム

薄毛と抜け毛の違いとは?

公開日:2015.10.17

facebookでシェア twitterでつぶやく
薄毛と抜け毛の違いとは?
日本の成人男性の約3割は薄毛といわれています。そうです、成人男性のおよそ3人に1人が「薄毛」と言われているんです。  
このページの目次

    抜け毛がそのまま薄毛に直結するわけではない!

    薄毛への恐怖の第一歩は毛髪が抜け落ちることからはじまります。抜け毛です。

    しかし、正常な毛髪の人でも抜け毛はあります。

    日本人の毛髪量は平均して約10万本といわれ、

    その中で一日に抜け落ちる量は100本程度だといわれています。

    100本も抜けたら大変じゃないか!!と思われがちですが、

    10万本のうちの100本なので、その量は全体の0.1%です。

    実際に家の掃除をするときに粘着テープなどに付着するごみのほとんどが抜け落ちた毛髪で

    あることがありますので、抜け毛がそのまま薄毛に直結するわけではない、

    ということがわかるかと思います。

    薄毛と抜け毛はどう違うのでしょうか?

    一般的に薄毛とは、毛髪の成長のサイクルがくるってしまうことが

    大きな4つの原因の一つに挙げられています。毛髪は抜けてもまた生えてきます。

     

    正常な毛髪の人であれば髪の毛が生えてから抜けるまでのサイクルは2年から6年とされています。

    抜け落ちても、同じ毛根からしっかりと髪の毛が生えてくるのです。

    しかし、薄毛の人は髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの

    サイクルが数か月から1年と極端に短いのです。

    その上ホルモンの影響で毛根の毛母細胞が弱ってしまい、

    正常な毛髪が生えてこなくなってしまうのです。

     

    そのため抜け落ちた後に生えてくる毛髪はサイクルの回数を重ねるごとに短く、

    細くなってしまい、結果的に頭皮の地肌が見えるような薄毛にたどり着いてしまうのです。

    毎日のブラッシングやリビングに落ちている毛髪を見て、これは単なる正常な抜け毛だ、

    といったり、反対に、これは薄毛への第一歩だ、と判断するのはやはり自分では限界があります。

    抜け毛が気になったらまず専門のお医者さんへの受診が一番ですが、

    日常の中で注意することのできる「抜け毛」があるのです。

     


    全ての記事一覧

    AGA薄毛治療の悩みなら、薄毛研.com でご相談

    Copyright (C) 2017 薄毛研.com All Rights Reserved.