AGAクリニック

AGAクリニック

ヘアメディカルで薄毛治療体験

公開日:2016.03.24

facebookでシェア twitterでつぶやく
ヘアメディカルで薄毛治療体験

「AGAの改善の近道は、専門医で治療をする」これは、今や常識になりつつあります。 薄毛治療医院の広告や看板もたくさん目にしますが、いざ治療に取り組もうと決意しても、時間もお金もかかりますし、本当に効果を得られるのか不安だらけです。 薄毛治療を本気で考え始めたら、まずはクリニック選びが重要です。 選ぶ基準は様々ありますが、「患者数が多い」という視点から信頼度の高いクリニックを選ぶことも失敗しない方法の1つです。

このページの目次

     

     「あなたの髪の主治医が見つかる。」の広告でおなじみの「ヘアメディカルグループ」。

    最近、薄毛仲間のあいだでも話題になることが多いです。その知名度は、AGAクリニックのなかでもトップクラスではないでしょうか。数多ある薄毛治療専門のクリニックの中で知名度が高く口コミで評判のよいヘアメディカルグループ。その人気の秘密とは??ヘアメディカルグループのクリニックで治療すれば本当に薄毛が治るのでしょうか。

    薄毛研きっての薄毛ライターである私「うすい(臼井)」がヘアメディカルグループのクリニックをガチに体験してきました。

     

     

    ~ライタープロフィール~

    usui

    うすい ひさし(臼井 久)

    1975年生まれの独身アラフォー男子。

    かつてはサッカーの前園選手似と言われ、センターわけのサラサラヘアがトレードマークだったが、20年に渡る一人暮らしとライターという不規則な職業柄か、おでこの広がりが止まらない。

    最近は「婚活」に励む一方で、結婚のためにも薄毛を改善すべく育毛や薄毛治療の情報収集に力を入れている。 

    ①薄毛治療クリニックで知名度トップクラス!ヘアメディカルとは?

    ヘアメディカルグループは2012年と2015年にTBSの「予約殺到!専門外来」というテレビ番組に取り上げられ、その名を知られるようになりました。 こちらの動画を見てみるとヘアメディカルグループのことがよくわかります。


    ヘアメディカルグループは、日本初の頭髪治療専門クリニックである城西クリニックを中心として、東京・名古屋・大阪・福岡にクリニックを構え、薄毛治療において多くの症例と実績を有する専門クリニックのグループです。

     

    現在はひと月で5500人以上の患者が訪れるという日本一人気のあるクリニックで、予約から2ヶ月待ちも当たり前とか??その人気の秘密は、高い育毛の効果にありました。

    YouTube

    49歳にしてこの育毛力!!植毛?とも思えるほどの増毛です。まじハンパないですね!!

     

    ヘアメディカルでは一人ひとりに合わせたオリジナル処方を行なっており、そのパターンは実に600以上にも及ぶそうです。また、「薄毛」の要因となる食生活や生活習慣の改善指導を用いて、総合的な治療を提供してくれます。単なる病院ではなく、ジムのプライベートトレーニングような「手厚さ」と「一緒に頑張ろう」感がありますね。

     

    発毛治療専門クリニックとして長い実績があり、16年間で135万人の治療を行なっているそうですから、AGAについて熟知し、どのような要因であっても解決できそうな安心感があります。

    来院数

    ネームバリュー、実績、日本一人気のクリニックと、どこをとっても希望しかありません。私のおでこが狭くなる日も近いのでは?!?!

    それでは、他のAGAクリニックとヘアメディカルの治療は、どのように異なるのでしょうか?治療の内容について探っていきましょう。

    チャップアップサプリ(ハゲない)

    ②ヘアメディカルの薄毛治療「総合頭髪医療」とは?

    ヘアメディカルの特徴としてまず挙げられることは、「総合頭髪医療」です。 皮膚科、形成外科、メンタルヘルス(精神神経科)などそれぞれの専門の医師が連携し、AGAなどの男性特有の脱毛や女性の脱毛症、男性女性両方の薄毛の悩みが無くなるように、常に最新の医学情報を取り入れ、研究し、治療を行っていきます。それがヘアメディカルグループの総合頭髪治療です。 薄毛と言っても、原因は様々です。 まずは、その人の「薄毛」の原因を解明することが大切です。

     

    一般の治療との違いは、治療の目的と治療効果です。一般の頭髪治療は、フィナステリド(男性型脱毛症進行遅延薬)の処方による、脱毛進行の遅延が目的です。ようは、脱毛は遅らせることができるけど、髪の毛の密度を増やしたり発毛させることはできないということです。

     

    しかし、ヘアメディカルの総合頭髪治療の目的は「発毛」なので、髪を太く長く成長させ、頭髪の密度を増やします。ヘアメディカルの発毛治療では頭皮や髪の毛だけでなく、一人ひとりの薄毛の原因や生活環境に合わせて総合的にケアするため、総合頭髪治療と呼ばれています。

     

    ヘアメディカルグループでは、最新技術を用いた検査を行い、医薬品(内服薬・外用薬)による治療とメンタルケア、食・生活習慣の指導などを行ないます。1万人以上の臨床実績を持つ専門医師たちによるテーラーメイド医療だから発毛効果を得られるというわけです。ヘアメディカルでは、16年間で大学病院との頭髪研究や医療専携によって、世界中の数多くの学会で発表を行ってきた実績がありますから、開業から間もないクリニックにはない安心感もあります。

    検査結果に応じて、内服薬 、外用薬、サプリメントなどが、薄毛のタイプによって処方されます。その組み合わせは600パターン以上にものぼり、薄毛患者のタイプに合わせてより効果が得られる処方を行なってくれることも魅力です。

     

    ここでちょっと、薄毛治療の薬について説明しておきますね。

     

    薄毛治療の薬の種類は主に3種類です。
    フィナステリド」と、「ミノキシジル」に加え、2015年9月28日にAGA医薬品として厚労省に正式認可された「デュタステリド」の効果にも注目が集まっています。「デュタステリド」はイギリスの製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社によって、フィナステリドと同様に、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発され2001年に発表されました。、昨年デュタステリド成分が新たなAGA医薬品として正式認可を受けたことで、デュタステリド製剤『ザガーロ』が発売されています。

    フィナステリドは、もともと前立腺肥大の治療薬としてアメリカのメルク社から発売されていましたが、服用者の副作用として、男性型脱毛症における発毛が確認されたため、1997年にAGAの治療薬としてに認可されました。

     

    ~「デュタステリド」の種類~

    ■ザガーロ

    デュタステリドの育毛効果が高いことは海外での論文や臨床試験においてすでに実証されている。

     

    ~「フィナステリド」の種類~

    ■プロペシア
    「飲む育毛剤」として最も認知度が高い育毛剤。比較的副作用が少ないのが特徴。
    服用量:1日1錠(フィナステリド含有量0.2mg)

     

    ■フィンペシア
    プロペシアのジェネリック医薬品。フィナステリドの含有量がプロペシア(1mg)の5倍にあたる。プロペシアに比べ値段が安い。

    ■プロスカー
    プロペシアと同メーカー。プロペシアに比べ、1錠あたりの金額が安い。フィナステリドの含有量は1錠あたり5mg。

    ■フィンカー
    「プロスカー」のジェネリック医薬品。フィナステリドの含有量は1錠あたり5mgで、プロスカーと同等の育毛効果が期待でき、価格が安いのが特徴。

    ミノキシジルは、もともと高血圧の医薬品として発売されました。血管を拡張することによって十分に栄養が届かなくなっていた毛根に栄養を運ぶことができるようになることから、発毛効果があるといわれている医薬品です。ミノキシジルは内服用と外服用の2種類がありますが、内服用のミノキシジルは日本では未承認の医薬品のため、日本では製造・販売はされていませんが、AGA専門医で処方されることがあります。

     

    ミノキシジルには血管を拡張させる薬事作用があるため、ミノキシジル内服が使用できないケースがあります。褐色細胞腫、不整脈、心疾患、代謝経路の関係で肝機能障害を引き起こす可能性がある場合など。

     

    ~「ミノキシジル」の種類~

    ■頭皮につけるタイプの育毛剤
    リアップ、ロゲイン、カークランド、ツゲインなど。薬局で購入できるものもある。クリニックによって、既成薬を処方する場合や、患者に合わせてミノキシジル含有濃度を調整し処方してくれる場合もある。

    ■育毛メソセラピーでミノキシジルを直接頭皮に注入
    育毛メソセラピー(注射)でミノキシジルを直接頭皮に注入。激痛を伴う。無痛のノーニードルメソセラピーで注入してくれるクリニックもある。

    ■ミノキシジル内服薬
    ミノキシジル成分が配合された経口薬を称してミノキシジルタブレットとよばれています。入手方法としては専門機関での処方以外に個人輸入がありますが、副作用に注意が必要です。
    ロニテン、ミノキシジル錠剤、ノキシジル、ミノキシジルタブレットなどがあります。

    usuge_yottu

    600パターンもの処方を行なっているヘアメディカルグループでは、これまでに色々な問題がありました。たとえば頭皮につけるタイプの「ミノキシジル」は、液体なので患部に留まりにくいという難点がありました。ヘアメディカルグループのクリニックでミノキシジルを処方した際に、「使うたびに額まで流れてしまって、額に毛が生えたらどうしよう?」と心配される患者さんがいらっしゃったそうです。

    たしかに、おでこがフサフサになってしまっては、それはそれで困ります・・・

     

    そこでヘアメディカルグループでは、聖マリアンナ医科大学の井上准教授と共に研究を重ねました。そして、ミノキシジルの液体が垂れることなく、患部に長く留まるようなゲル状のミノキシジル、その名も『ミノキシジルゲル』の開発に成功したのです。

    これまでの液状のミノキシジルとは違い、流れ落ちることなく患部に長く留まり、効果を十分に得る事が出来る画期的な開発なのです。

     

    そんな患者思いのヘアメディカルグループでは、処方に関して、世界初の取り組み「AGAリスク遺伝子検査」を行なっています。

    img_zuAGAの原因として「5αリダクターゼ」という酵素が深く関わっているといわれています。
    この酵素がDHT(ジヒドロテストステロン)を産生します。このDHTは毛乳頭細胞などに存在するアンドロゲンレセプターに結合することで、毛根を強力に萎縮させてしまうシグナルを発信するこで脱毛が起こるのではないかといわれています。
    AGAリスク遺伝子検査を行なうことで、5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型の発現強度を調べて、男性型脱毛症を発症しやすいかどうかを調べることができるそうです。

    検査方法はとっても簡単。クリニックで前頭部M字部分左右から各3本ずつ、頭頂部から5本の毛髪を毛抜きで抜毛し、聖マリアンナ医科大学にて検査をしてくれるそうです。

    聖マリアンナ医科大学

    ちなみに、聖マリアンナ医科大学は、神奈川県川崎市宮前区にあるカトリック系の財団法人聖マリアンナ会東横病院を母体として、1971年明石嘉聞博士によって東洋医科大学の名で創立された学校です。1973年現在の名称に変更されました。

     

    アジアで初となるFIFA(国際サッカー連盟)メディカルセンターに指定されていて、サッカー日本代表を支えている医療機関として有名です。

     

    さらに、この検査で先ほど説明した薄毛治療薬の定番「フィナステリド」と同じような仕組みで発毛を促進する「デュタステリド」のどちらを使用した方がより効果がでる可能性が高いかを知ることができるそうですよ。

     

    たくさんある成分や薬の種類の中で、どれが自分に合うのかは、正直試してみないと分かるものではありません。しかし、治療が発毛に繋がるよう最大限尽くしてくれるのが、ヘアメディカルグループの魅力といえるでしょう。

     

    ヘアメディカルの総合頭髪医療は、複数の部門の専門医師によって患者さん一人ひとりの薄毛の原因を探り、最新の技術による検査を行って、内服薬、外用薬の両方による治療と食事や生活習慣の改善と様々な角度からの薄毛治療を行っているのです。

     

    患者数が多いからといって、決まった流れ作業の治療を行ないません。 1999年に頭髪(発毛)治療専門クリニックとして、日本で始めて開業されたヘアメディカル。 開業から16年、毎年患者数が増えているといるのは、その誠実な治療内容と実績の現れではないでしょうか。 また、多くの症例を見ているからこそ、その人に合った治療を提供できるのです。

    ヘアメディカルグループの治療にますます興味と期待が沸いてきました!!

    ③ヘアメディカルの院内風景

    いよいよ、初潜入の日がやってまいりました。

    朝からワカメの味噌汁とひじきご飯とゆで卵、焼き魚を食べて、髪を増やす気マンマンです。

    私が通院したのはヘアメディカルグループの「メンズヘルスクリニック東京」です。

    そう、あのテレビに出ていたカリスマ医師小林先生のクリニックです。

    小林院長、2015年6月6日のスポーツ報知に取材記事が掲載されていました。新聞やテレビでも引っ張りだこの小林院長の診察を受けたい人は山ほどいるでしょう。そりゃ予約が取れないのも納得です。

    kobayashi

    メンズヘルスクリニック東京は東京駅八重洲口のシンボルともいえるパシフィックセンチュリープレイス丸の内にあります。

    build

    こ、こんな立派なビルに入っているなんて・・・お高いのではないかとちょっと心配になってしまいますが、帽子を深々とかぶり、おそるおそる10Fへ向かいます。

    この日は平日だったので、ビジネスマンがたくさんいました。スーツでくれば、薄毛外来に来たと思われなかったかなぁと後悔しました。帽子なんて被ってるほうが、芸能人もしくは薄毛治療に来たハゲだと思われてしまいそうです。そういったことも、配慮なのかなと、小林院長に感謝しながら、いざクリニックを訪ねます。

    photo01

     

    おぉ~~~~綺麗!広くて、とても清潔感があり、とても病院とは思えません。

    「小林院長、儲かってんだなぁ~~~」が第一印象です。
    そして、受付のおねーさんも美人で気立て良し!

     

    受付から直ぐに診察する個室に案内されるのかと思いきや、まずは待合室に通されました。

    さすが人気のクリニックだけあって、人の入れ替わりがなかなか激しいです。

    まさか知り合いに遭遇しないかと、そわそわしながら呼ばれるのを待ちます。

    しかし、待合室は広いので、混んでるときの内科のように、患者同士が接近して座ることはありません。観葉植物などの緑が多くて、癒される~。リラックスを目的としてるのが感じ取れます。

    どうしても、他の人に合ってしまうのが嫌だという方には、おすすめできませんが、帽子にサングラスで隅っこで背中を向けて座っていれば何とかなるかもしれません!

    そして、ずらりと並ぶ個室。いや~間違いなく儲かってるなぁ~~~。

    mainVisual2

     

    カウンセリング室は完全に個室になっており 扉もしっかりとしていて、廊下や待合室、隣の部屋に声が聞こえるということはありません。皆さん静かに、何事も無かったように座っておられます。ただひとつだけ共通するのはクリニックの椅子に座る全ての人が「ハゲ」ている、もしくは「ハゲかけ」ているということです。

    それだけでも十分親近感が沸くのは私だけでしょうか。他人とは思えない仲間意識があります。

    ④ヘアメディカルのカウンセリングの様子

    AGA治療のスタートは「カウンセリング」からです。

    ヘアメディカルグループのクリニックはカウンセリングも治療も完全予約制ですので、必ず予約しましょう。

    仕事のついでだからといって、急に訪ねても残念ながらカウンセリングを受ける事は出来ません。人気のクリニックなので、予約が取りづらい場合は、予約を取りやすい曜日や時間帯を電話口の人に聞くと教えてもらえます。予約は、パソコンやスマホからもできます。

     

    カウンセリングを受ける際には、本人確認が出来る書類が必要ですので、運転免許証や保険証、パスポートなどの身分証明書を忘れずに持参しましょう。

    まず、受付で名前と予約時間を告げます。問診票を渡されますので、記入します。

    問診票の内容は下記の通り。

     

    ●生活習慣について(食事や睡眠、喫煙の有無や飲酒について)

     

    ●健康状態について(現在服用中の薬があるか?治療中の病気があるか?既往歴など)

     

    ●頭髪の状態で気になっていること

     

    ●薄毛、抜け毛が気になりだしたのはいつ頃か?

     

    ●治療内容説明書

     

    ●理想的な一日の流れ

    カウンセリングは、完全に個室になっているカウンセリングルームで担当のスタッフによって行われます。 受付で渡された問診票に従って質問に答えていきます。今後の治療にとって大切なので、 もちろん正直に答えましょう。 こちらの話をしっかりと聞いたうえで、患者の悩みに合った話をしてくれます。 カウンセリングが終了した後にプリントを渡されます。

     

    そして、治療の内容について、丁寧な説明がありました。 例を挙げると、薄毛の原因がAGAだった場合、ミノキシジルを使った治療になることや薬は1ヶ月ごとに処方されるとのことでした。 そのほかに、ヘアメディカルグループのシャンプーやサプリメントの商品説明がありました。

     

    それでちょっと驚いたのが、ヘアメディカルグループと、スカルプ-Dで有名なアンファーは、関係があるということです。

    aga_2nd_img

    予防医学というのは、病気になってしまってから治療するのではなく、病気になる前にその原因を理解し、未然に予防しようという考え方に基づいた医学です。
    つまり薄毛を予防するための、シャンプーやヘアケアの方法を見直したり、必要な栄養素を積極的に摂取したり、生活習慣を改めるということです。

    予防医学に対して、既に発症してしまった症状治療することを「治療医学」と位置付けています。つまりAGA治療の専門医による薄毛治療がそれにあたります。

    スカルプ-Dで有名なアンファー社の製品を活用した「予防医学」と、ヘアメディカルグループのクリニックによる「治療医学」を2軸とした「ヘアメディカル発毛プログラム」を取り入れています。
    薄毛の悩みや状態は人それぞれ異なるため、ヘアメディカルグループのクリニックでは、薄毛の状態によってシャンプーなどを使ったホームケアを行いながら、悩みが解消しない場合に、段階を追って治療を進めていくという方法を取り入れているようです。
    アンファー社で開発した商品をヘアメディカルグループのクリニックの医療現場で使用し、臨床データを活用することで、アンファー社が新たな商品を開発するなどの取り組みを行なっているそうですよ。

    ホームページで、あなたの薄毛危険度をセルフチェックすることができます。

    aga_banner

     

    カウンセラーの方からは、抜け毛を予防するための生活についての話がありました。

    今まで当たり前に行っていたことが意外にも髪によくなかったり、驚くことがたくさんありました。

    注意事項についてもしっかりと説明されます。

    カウンセリングの結果、薄毛治療の必要が無いと判断された場合には、今後のための生活習慣についてのアドバイスをしてもらえるそうです。

    「治療の必要がない」と言われる可能性があるなんて、驚きです。薄毛だと思っていても、実は薄毛ではない場合や、薄毛の原因がAGAでない場合は治療が難しいということでしょうか。

     

    私の診察結果は、幸か不幸か治療が必要な薄毛でしたので、気になる治療費についてしっかりと説明がありました。

     

    初診料は5,000円(+税)(診察、血圧測定、マイクロスコープ、頭部撮影) 

    治療の内容は個人差がありますが、薬代も含めて1ヶ月あたり11,000~35,000円程度になるとのことでした。

    通い始めて1か月で生えるなんてありませんから、数十万単位の出費は覚悟せざるを得ません。

    初回カウンセリングの場で直ぐに通院するかどうかを決められるわけもありません。

    しかし、エステやサロンなどと違って商売っ気がないのがクリニックのよいところです。よく言えば押し売りされないので、決断の必要はありません。

    「検討します」とカウンセラーの方に告げました。 

     

    しかし、ここで注意しておきたいのが、ヘアメディカルグループのクリニックが予約の取れない行列店であること。無料のカウンセリングの予約がなかなか取れないのと同様に、初診の予約もとりづらいです。

    すぐにでも治療を始めたいという方は、カウンセリングの際にその場で予約するとスムーズです。

    また、カウンセリングと同時に治療を開始したいと思っても同じ日に治療を受ける事が出来ませんので、改めて初診予約をしましょう。

     

    無料カウンセリングでは、薄毛の主な原因について詳しく説明をしてくれたり、正しいシャンプーの方法や、髪に負担をかけないドライヤーの使い方などヘアケアについてのアドバイスが無料で受けられます。

     

    薄毛専門のクリニックってどんなとこだろう・・・。そもそも自分は薄毛なのかどうか・・・など、気になる点は人それぞれ異なりますが、無料カウンセリングでその疑問を話してみるといいです。

    無料カウンセリングだけ受けておしまいの人も結構多いようです。無料カウンセリングではわからないことを専門の医師の話を聞いてみたいという人は、初診を予約し、医師の診察を受けた上で判断するのがいいでしょう。

    ホームページからカウンセリングを予約する

    ⑤ヘアメディカルの初診・初回検査

    無料カウンセリングから、初診へのステップアップ。いよいよ、カリスマ小林院長との対面か!?!
    そう思うとワクワクします。
    初診だからといって緊張してはいけません。ストレスや緊張は抜け毛の敵ですから!!

    初診では、まず頭部の写真撮影を行います。現状を写真にとどめておいて、今後の経過と比較するためです。
    それはそれは、恥ずかしいくらい丁寧に撮影してくれます。
    気にしている恥ずかしい部分をじっくり写真に撮られるというのは、なんとも言いがたい気分です。しかし、自分の頭皮と、現実と向き合うためなので仕方ありません。

     

    そういえば、ヘアメディカルグループのホームページでは、下記のように、実に340件もの薄毛画像が掲載されています。
    薄毛の進行パターンとしては、生え際から後退していく「M型」と、頭頂部から薄毛になっていく「O型」があります。ヘアメディカルグループのホームページには、年代と薄毛のタイプ(O型、MO型、M型、その他)から自分のハゲに似た症例を検索できるという、実にありがたいコンテンツが用意されています。
    しかも、症例の画像は、beforeとafterの両方を確認することができるんです!!

    before
    例えば、私と同じ40代M型の男性を検索すると、8例が表示されます。40代のM字型ハゲって意外と少ないんですね。あ、でもM型は前髪でごまかしやすいから治療に行く人が少ないのかな?なんて余計な想像をしてしまいます。
    8件とも、みなさん立派です。普通なら諦めてしまうほどはげ散らかしています。とても40代には見えない毛量です。M型といってよいのか・・・頭頂部までそりこみが達しています。
    40代でこれでは、自信をなくしてしまう人もいますよね。まして私のように独身なら人生を悲観してしまいます。

    after

    続いてafter写真。beforeで見た人と同じ人の頭皮が表示されます。しかーし!!同じ人とは思えないくらい、黒々としてフサフサの頭皮。これには感動です!!
    しかもはつもうにかかった期間は短い人で5ヶ月。半年もかからずこんなにも見事に髪が復活するとは、小林院長はマジシャンか何か!?!?正直、人口毛の植毛やエクステじゃないかと疑ってしまうほどです。
    長い人では10ヶ月かかっています。しかし、半年もかからずフサフサに戻るより、じっくり時間をかけて戻ってくれるほうが、周りの目は気にならないかもしれません。薄毛治療の効果がありすぎるのも考え物だと初めて思った瞬間でした。

     

    ・・・と人のことばかり言っていられません。症例として私のハゲ画像がここに掲載される日も近いのです!!

     

    他にも、ハミルトン・ノーウッド分類別に症例を見ることができます。
    、ハミルトン・ノーウッド分類とは、アメリカの医師ハミルトンが作った薄毛のパターン分類を、医師ノーウッドが改定を行なった分類法でです。
    AGA(男性型脱毛症)のパターンをI型からVII型まで、薄毛の進行度合いによって分類しています。
    自分の進行の度合いを知ることも可能ですので一度チェックしてみて下さいね。

    ハミルトン

    【I型】前頭部の生え際がM字型に後退しはじめてはいるが健常な状態
    【II型】I型が進行し生え際が後退した状態
    【III型】II型よりもさらに進行し、頭髪全体のボリュームも薄くなった状態
    【II Vertex型】II型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態
    【III Vertex型】III型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態
    【IV型】前頭部の生え際がⅢ型よりも後退し、頭頂部もO型に薄くなってきた状態
    【V型】Ⅳ型がさらに進行した状態
    【VI型】前頭部と頭頂部の薄毛部分が繋がり、発毛部分が側頭部のみの状態
    【VII型】Ⅵ型が進行し、側頭部と後頭部しか毛髪が残っていない状態

     

    続きまして、、医師による診察です。ついに小林院長と対面!!テレビや動画、ホームページでもチェックしていたので私の中では感動の対面となりました。(院長はもちろん知りません)
    髪の毛の状態や頭皮の状態に加え、健康状態の診察も行われました。

    テレビでよく見かけるマイクロスコープを使用し、自分の頭皮の状態を目の前のモニターで確認します。改めてみてみると、頭皮が意外と汚い・・・食事前には見たくない光景です。これも薄毛を進行させてる原因なのかもしれません。
    次に血液検査と血圧を検査します。これは、健康状態を見る目的と投薬の為の影響について調べるために行う とのことでした。

    ここまでの費用は10,000円です。

     

    一般的なクリニックでは、AGA(男性型脱毛症)の進行の抑制を目的とした治療を行ないます。進行性であるAGA(男性型脱毛症)の進行を抑制する効果があるプロペシア錠やフィナステリド錠を処方することで、AGAによる抜け毛を治療していきます。
    一方、ヘアメディカルグループでは、ヘアメディカルグループ独自の発毛を目的とした積極的な発毛治療を行なっています。150万人の治療実績から一人ひとりに合わせた600パターン以上のオリジナルの処方薬(内服薬+外用薬)による治療でより効果的な発毛を促します。
    ようは、他のクリニックは毛髪を守るのに精一杯だけど、ヘアメディカルグループでは、積極的に攻めて髪を増やすことを目的としているのです。はげ散らかした頭の現状維持などに興味はありません!男臼井、10,000円で髪を増やせるかどうかの勝負に挑めるのなら、お金は惜しくない!と感じました。

    初診
    ここからは別料金のオプションになりますが、下記の検査を受けることができます。

    ●AGAリスク遺伝子検査
    AGAリスク遺伝子検査は抜毛した毛包から、アンドロゲンレセプターの発現強度、5αリダクターゼⅠ型の発現強度、5αリダクターゼⅡ型の発現強度を調べます。
    費用:19,000円

    ●アンドロゲンレセプター遺伝子検査
    男性ホルモンのアンドロゲンは毛根などに作用するホルモンですが、このアンドロゲンを受け取るアンドロゲンレセプターというものが細胞内にあります。アンドロゲンレセプター遺伝子検査は、はアンドロゲンレセプター遺伝子のDNA塩基を調べることで、あなたの治療方針を立てるために役立つ検査です。
    費用:19,000円

    ●ミネラル検査
    ミネラル検査は、髪に含まれているミネラルのバランスから髪の健康状態を見るものです 初診は、2時間くらいかかりました。緊張していたせいか、それほど長くは感じることはなく逆にあっという間でした。
    費用:10,000円

    初診は約2時間かかりました。混んでいるのもそうですが、検査も診察もしっかり行なうので、余裕を持って来院しましょう。そして、その場で結果がわかるのではなく、検査結果が出るのには約1週間かかるとのことでした。

    全てを終えて病院を後にすると、緊張がほぐれたのもあってどっと疲れました。色々な検査がありますが、発毛治療は保険適用外ですから全て自費診療(自由診療)です。どれだけ自分の頭皮にお金と時間をかけるかは自分で決めるしかありません。しかし、薄毛治療の薬は副作用も強いといいますから、なるべくリスクを省いておいたほうがいいと思い、全て受けることにしました。

     

    1週間後からは、いよいよ治療が始まります。おでこの髪をかきあげる自分の姿がまぶたの奥に浮かびます!もはや希望しかありません!!

    AGAに行かなくても必殺の一本チャップアップ

    ⑥ヘアメディカルの診察・治療内容

    初診から約1週間後、さあ!いよいよ治療の開始です。 前回同様、まずは写真撮影から行いました。
    前回よりちょっと抜け毛が増えただけで、変わっているはずもありませんが・・・

    続いて、診察です。血液検査の結果の説明がありました。
    AGA治療の為の血液検査でしたが、 中性脂肪やコレステロール値が良くなく不健康な生活がはっきりと出てしまっていて、少し恥ずかしい思いをしました。

    そうだ、会社で受ける健康診断や人間ドックでも、オプションで薄毛の診断や、遺伝子検査などの項目入れてくれたら、男性諸君はやりそうですよね!

     

    脂分の多い食事もAGAに影響することはわかっていましたが、食べ物の好みを変えるのはなかなか難しいことです。しかし、乱れた食生活も、薄毛治療薬の服用に影響するほどではなくホッとしました。
    ご存じない方のために、薄毛治療薬はもともと他の病気の治療のために作られた薬なので、持病や疾患があると使用できないケースがあります。ミノキシジルにはインスリンの分泌を抑制する働きがあるため糖尿病の人は注意が必要です。

     

    再度治療の意思があるかどうかの確認をされ、迷い無くひとつ返事で「頑張ります!」と答えた私には、30日分の治療薬が処方されました。今後は1ヶ月毎に通院しながら、頭皮の状態を見ていくということです。

    AGAの私に処方された薬は、基本の4点セットでした。

    ●フィナステリド
    私にはフィナステリドがあっているようで、プロペシアを処方されました。

    ●ミノキシジル内服薬

    ●ミノキシジル外用薬

    ●サプリメント
    乱れた食生活を補うためのビタミンやミネラルなど髪を作るのに必要なサプリメントをいただきました。

    副作用が強いといわれる薄毛治療薬には、重要な注意事項があります。

    1.発熱などの体調が優れない時には服用しない

    2.飲酒後7時間以上経ってから服用する

    3.処方された薬以外の薬を飲む時には、必ず薬剤師などに相談する

    4.献血をしない とのことでした。

    献血をしてはいけない理由として、フィナステリドは妊婦さんが飲んでしまうと胎児に を及ぼす場合があるためだそうです。女性に輸血されてしまうと、大変なことになってしまうかもしれません。

     

    個人輸入などで薬を海外から手配し飲む人もいるようですが、このように注意が必要な薬ですので、やはり一度は専門医の診断を受けて処方してもらうべきだと感じました。同じ薬を同じ量で安く仕入れるのは節約術としてありかもしれませんが・・・

     

    私が選んだ「アドバンスドはつもう治療」の場合、再診の費用は、25000円程度でした。明細としては、診察と血圧測定、マイクロスコープを使った診察、頭部撮影と処方される治療薬(30日分)です。

    処方される薬によって金額が変わってきますが、32000円を超えることはないそうです。上限があることを聞いて「ぼったくられる」心配がなくなり安心できました。
    一年通っても40万以内で収まりそうです。これで髪を取り戻せるなら、安い買い物です。かつらだって結構なお値段しますからね・・・

    ⑦ヘアメディカルで治療した結果

    治療を始めてからあっという間に3ヶ月が経ち季節は移り変わりました。相変わらず不規則な毎日ですが、シャンプーとヘアケア、薬の服用だけは怠りませんでした。
    1か月目と2ヶ月目の診察では発毛を実感できませんでしたが、今回3ヶ月目の写真と初回の写真を見比べると、明らかに増えています!!これは、自分にしか分からないこみ上げてくるものがあります。

    妊婦さんがエコーで子供の成長を確認したときは、こんな気持ちになるのではないでしょうか。
    ちょっとずつだけど、確実に成長していく我が子(我が髪)。十月十日もすれば大きく育って、私に最高の感動と宝物を与えてくれるかもしれない・・・ますます期待が高まります。

    発毛実感に3ヶ月は比較的早いほうということですが、他人から見て分かるほど増えたというわけではありません。健康な髪の状態であれば1か月に1センチは伸びるといわれていますので、それに比べれば微々たるものです。
    医師からも、このまま続ければ、もっと改善するとのお言葉をいただき、モチベーションがあがりました。
    苦手な写真撮影とマイクロスコープもなんだか楽しみです。

    実は、以前来院した際には、半年後でも効果が出なかった人の症例写真を見せられていたので、少し不安がありました。その不安から、ラーメンや焼肉、お酒などの回数と量を減らし、たんぱく質とビタミンミネラルを食事からも取り入れることを意識するようになりました。薬の効果ももちろんありますが、そういった自分なりの改善も効果があったようです。ちなみに体重も3ヶ月で3キロほど落ちました。
    フサフサの髪どころか引き締まったボディも手に入れられるなんて、嬉しい誤算です。

    1年後にはサラサラヘアをなびかせて、可愛い女の子を助手席に乗せドライブする自分が想像できます!!!
    よし、がんばろう!!!

     

    ⑧ヘアメディカルの評価(まとめ)

    今回の潜入捜査は、もちろん自費ですしガチなので、事前にかなり情報収集を行ないました。「発毛しなかった」、「お金が高い」などの悪評はどこのクリニックでもあると思いますが、私が通って感じたのは、ヘアメディカルグループのクリニックは、知名度と評判に恥じない優良なクリニックであるということです。

     

    自社製品やオリジナル商品を押し売りされるわけでもなく、高くて怪しい薬を処方されることもなく、サプリメントもドラッグストアと比較して高すぎることもなかったので、安心できました。

     

    治療の内容や薬の値段については、他のクリニックと比べて多少違いがあるかもしれませんが、インターネットで調べる限り適性な価格だといえます。

     

    メンズヘルスクリニック東京のメリット
    ・明朗会計であること
    ・スタッフの対応と説明が丁寧
    ・頭皮の状態に合わせた治療を行なってくれる

     

    メンズヘルスクリニック東京のデメリット
    ・クリニックが混んでいる
    ・予約が取りづらい

    ・クリニックの数が少ない

     

    これらのデメリットは、これからヘアメディカルグループのクリニックが増えていけば自然と解消してくるのではないでしょうか。評判を聞いて、遠方から通院する人も多いようです。しかし、月1回の通院でよいなら、多少無理はしても効果の高いクリニックを選びたいものですね。

     

    ヘアメディカルグループのクリニックは、全国に5箇所あります。
    東京の丸の内、銀座(女性専用クリニック)、名古屋の栄、大阪の梅田、福岡の天神にあります。 いずれも各都市の中心地であり、ターミナル駅から近くて、わかりやすい場所にありますので通いやすいです。しかも、ビルの中にクリニックがありますので人目を気にせず入ることができます。

     

    東京(丸の内)/メンズヘルスクリニック東京
    最寄り駅:東京駅から徒歩3分
    院長:小林 一広

     

    東京(銀座)/AACクリニック銀座
    最寄り駅:地下鉄銀座駅C8出口から徒歩1分
    院長:浜中 聡子

     

    名古屋(栄)/AACクリニック名古屋
    最寄り駅:栄駅から徒歩5分
    院長:平山 信夫

     

    大阪(梅田)/脇坂クリニック大阪
    最寄り駅:梅田駅西出口から徒歩5分
    院長:脇坂 長興

     

    福岡(天神)/城西クリニック福岡
    最寄り駅:地下鉄福岡天神駅直結
    院長:照島 雅之

     

    有名なのは小林先生ばかりではありません。他の先生方も薄毛治療界においてはその名を知られており、メディアに出演されている方もいらっしゃいます。

     

    特に女性の薄毛治療において、本も出版されているカリスマ女性医師の浜中先生を院長としているAACクリニック銀座は、女性の間でとても評判がよいクリニックです。

    img_hamanaka_book

     

    支払い方法についてですが、ヘアメディカルグループのクリニックでは、医療ローンの取り扱いがありませんので、現金もしくはカード(1回払い)での支払いになります。
    前払いの制度、ローンを組まされる、一括払いなどはなく、都度支払いとなりますので安心です。

    実は、来院前は、ヘアメディカルグループのクリニックは、テレビ番組や雑誌、新聞でバンバン取り上げるクリニックだから、金儲け主義だろうと思い込んでいました。

     

    それで、ネームバリューを利用してアンファーといっしょになってオリジナル商品を売りまくってそれで儲かっていると思っていたのです。

     

    しかし、実際に通院してみて、実績があればこそのテレビ出演であり、知名度が高いのだと納得できました。 治療費は少し高めと感じるかもしれませんが、結果がついてきます。

    半年で治療を終えることができれば、20万ほどで収まりますから、やはり発毛効果が高く、早く効果を実感できるクリニックをみつけることが近道だと感じました。

     

    薄毛というのはできるだけ隠したいものですが、いざ向き合ってみれば意外とあっさり解消するものでもあるというのが今回の一番の感想です。
    あなたの薄毛は「治る」のか「治らないのか」を判断するために、まずは無料カウンセリングを受けてみることをオススメします。

     

    いかがでしたか?

    いずれ、私のおでこのビフォーアフター写真をお見せして皆さんを驚かせる日は近いはずです。その日まで発毛と育毛に励みます!!

    ヘアメディカルの公式ページへ

    全ての記事一覧

    AGA薄毛治療の悩みなら、薄毛研.com でご相談

    Copyright (C) 2017 薄毛研.com All Rights Reserved.