抜け毛予防

抜け毛予防

ハゲに関する都市伝説の信憑性

公開日:2015.10.31

facebookでシェア twitterでつぶやく
ハゲに関する都市伝説の信憑性
「~するとハゲる」と言われている都市伝説のようなものは世の中にたくさんあります。 それだけ「ハゲる」ということが重大であるからこそといえるでしょう。 あなたが耳にしたことのなるハゲに関する都市伝説が本当か否か・・・薄毛に悩んでいなくても、少し気になりませんか?
このページの目次

    帽子とハゲの関係

    帽子を被っているからハゲるのか?

    ハゲを隠す為に帽子を被っているのか?

    これは、人それぞれ理由があると思いますが、

    「帽子を被るとハゲる」

    というのは真実なのでしょうか?

     

    本当のところは、

    帽子を被る事は直接的にハゲること

    につながるということはありません。

     

    むしろ、春から夏にかけての強い紫外線は、

    頭皮に強いダメージを与えることから、

    強い紫外線から頭皮を守る為にも、

    帽子は欠かせないアイテムです。

     

    本格育毛レパオシリーズ

     

    スーツで通勤をするサラリーマンに

    帽子や日傘を差しての通勤は難しいと思いますが

    頭皮の為には、

    出来るだけ紫外線は避けた

    生活をした方が良いと言えるでしょう。

     

    HG101男性用

     

    なぜ帽子を被るとハゲる?

    長時間帽子を被っていると

    風通しが悪くなってしまい、

    頭に汗をかいてしまいます。

    すると、頭が蒸れてしまいます。

    この状態で皮脂の分泌が活発になってしまうと

    雑菌が増えるという悪い状況になってしまうのです。

     

    蒸れて痒くなって掻いてしまったら、

    頭皮に傷をつけてしまいこうなると最悪です。

     

    また、お洒落の為と

    サイズの小さい帽子を長時間被るのも良くありません。

    小さい帽子を被る事によって、

    頭の血流が悪くなってしまいます。

     

    血流が悪くなってしまうと

    頭皮に十分に栄養が

    行き渡らなくなってしまうので要注意です。

     

    また、似たような事ですが

    「雨に濡れるとハゲる」という

    都市伝説もあります。

     

    これも雨に濡れる事が

    直接的にハゲる原因にはなりません。

    しかし、雨に濡れた髪の毛を

    そのままにしておくと

    雑菌を増やす原因になってしまいます。

    雑菌が増えてしまい、

    頭皮の環境が悪くなってしまう為

    ハゲる心配があるのです。

     

    HARICOC

     

    春から夏にかけての強い紫外線から

    頭皮を守る為には風通しのよい帽子を被り、

    寒い冬は頭皮の血流を良くする為、

    帽子を被って寒さから守ると

    頭皮が硬くなるのを防ぐ事が出来ます。

     

    帽子を被る事はむしろ、

    薄毛予防に有効といえるでしょう。

     

    ハゲにまつわる都市伝説は色々とありますが、

    帽子で禿げるに関しては、

    不衛生になった結果ということでしょうかね。

    事実としては、半々と言ったところでしょうか?

     

    はげ芸能人などの都市伝説は、

    別の記事を参照してください。


    全ての記事一覧

    AGA薄毛治療の悩みなら、薄毛研.com でご相談

    Copyright (C) 2017 薄毛研.com All Rights Reserved.