女性の薄毛治療

女性の薄毛治療

女性の薄毛の全てがわかる!FAGAの原因・予防・種類・対策

公開日:2016.01.11

facebookでシェア twitterでつぶやく
女性の薄毛の全てがわかる!FAGAの原因・予防・種類・対策
薄毛に悩む女性は少なくありません。女性の薄毛の原因を知り、予防することが大切です。女性の薄毛には種類があります。 自分頭皮の状態を知り薄毛のタイプを知って、頭皮の状態に合わせた対策を行なえば薄毛は必ず改善します。
このページの目次

    薄毛の原因と予防

    あなたの髪は健康ですか?
    病気や薬の副作用などの特別な場合を除いては、抜け毛は急に始まるわけではありません。
    頭皮も髪も健康なのに、ある日突然過剰に抜け毛が増えるという事はまず無いのです。
    女性の薄毛予防、薄毛の原因と種類、薄毛対策について知ることがあなたの髪を守ります。

     

    薄毛が進行する段階
    ①なんらかの原因で髪や頭皮がダメージを受ける
    ②髪のハリやコシが無くなる
    ③髪が細く弱くなる
    ④抜け毛が増える
    ⑤薄毛になる

     

    このように、段階を経て薄毛が進行します。
    ドライヤーの後などに出る抜け毛が太くてハリもコシもあるならまず問題ないでしょう。
    髪の毛にもサイクルがあるので、寿命がきて抜けるのは正常です。
    洗面所やドレッサーの辺りに落ちている抜け毛を1本用意して、その髪の毛を爪でしごいて見ましょう。

     

    健康な髪の毛は、まるでバネのように「くるん、くるん」と丸まります。引っ張っても切れたりすることはありません。
    不健康な髪は途中で切れてしまったり、もしくはただ縮まるだけです。

    あなたの髪の毛は健康でしたか?不健康でしたか?不健康だった方は、予防策を行なうことで改善が期待できます。

    薬用育毛剤「エンジェルリリアン」

     

    予防策1:草食系女子になりましょう
    草食系と言っても、野菜だけを食べましょうということではありません。もちろん、肉・魚・卵などのたんぱく質は重要です。健康な髪の毛を作る為には、良質なたんぱく質は必要不可欠です。
    しかしあまり脂っこい食事ばかりをしていると、頭皮に余分な脂が溜まってしまい毛穴をつまらせて、髪の健康が損なわれてしまいます。
    ミネラル・食物繊維が豊富な野菜を多く摂る事は、抜け毛予防になります。良質なたんぱく質、主に大豆やささみなどと一緒に摂取するようにしましょう。

     

    予防策2:朝シャンはやめて、夜シャンにしましょう
    決して、朝にシャンプーする事が悪いというわけではありません。実は、髪の毛は夜寝ている間に成長します。
    夜寝る前にしっかりと1日の汚れを洗い流してから就寝する事で、健康な髪を育てることが出来るのです。
    特にヘアスプレーやワックスなどを使っている方は、きちんと洗髪してから寝るようにしましょう。

     

    予防策3:禁煙しましょう
    やはり、たばこは「百害あって一利なし」です。煙草を吸うと血管が細くなってしまいます。
    体の全ての血管に悪影響を及ぼします。つまり頭皮の血管も細くなってしまうので頭皮の血流も悪くなってしまうのです。頭皮の血流が悪くなると髪の成長を妨げることになります。
    薄毛とは関係ありませんが、ヤニや煙の臭いが髪に付いてしまってくさいですよ。

     

    予防策4:紫外線をカットしましょう
    女性の多くは、紫外線の強い春から夏にかけてはしっかりと紫外線予防していると思います。
    顔や手足などは、特に念入りに日焼け止めを塗ったりしますよね。では、頭皮はどうでしょうか?
    しっかりと紫外線予防をしないと、頭皮にダメージを与えてしまい抜け毛の原因になります。
    季節を問わず、頭皮の紫外線予防をしっかりとしましょう。
    帽子をかぶったり、髪にも使える紫外線防止スプレーを使うと簡単に紫外線予防できます。

     

    「ハゲ」は、男性だけのものではありません。さいわい、女性の薄毛は男性とは違って「おでこ広くなった?」と思うほど前頭部が広くなってしまったり、頭頂部がはげてしまい、かっぱ状態になってしまう事はあまりありません。しかし、女性には女性の薄毛があります。

    東京ビューティークリニック キャンペーン

    女性の特有の薄毛の種類

    「女性型の脱毛の特徴」は髪そのものが痩せてしまったり、髪の毛の色が薄くなったりします。
    頭頂部を中心に髪の隙間から頭皮が見えてしまう状態、つまり全体的に薄くなるのが「女性型の脱毛症」の特徴です。

    では、どのような種類があるのでしょうか?

     

    びまん性脱毛症

    女性の抜け毛の中で、最も多いタイプがこの「びまん性脱毛症」です。

    30代後半から多くみられ、原因は様々です。

    思い悩むよりも早めに対処する事で改善する可能性が高いタイプです。

     

    分娩後脱毛症

    出産後に一時的に抜け毛が増えてしまいます。

    この出産後の抜け毛の多くが「分娩後脱毛症」です。
    妊娠中は、お腹の子供に栄養を取られてしまいます。
    そして、妊娠後期にはエストロゲンなどの女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産した後に、一気に休止期に入ってしまうために、出産後に脱毛症状が出る方が多いのです。「分娩後脱毛症」は、出産後半年~1年程度で改善する事が多いです。

     

    牽引(けんいん)性脱毛症

    牽引(けんいん)性脱毛症は、髪の長い人に多い脱毛症です。読んで字のごとく、ポニーテールやアップスタイルなど、髪の毛が引っ張られることが主な原因です。少し引っ張っても問題はありませんが、ポニーテールなど長時間引っ張られている状態が続くと薄毛の原因になってしまうのです。
    頭皮に負担のかからないような髪型に変えることによって回復することが出来ます。

    薬用 育毛エッセンス 琥珀パワーエキス和漢

    タイプと季節によって異なる薄毛対策

    薄毛対策の基本は、頭皮をマッサージするなどして頭皮の血行を促進する回復することです。薄毛が気になりだしたら、まず自分がどのタイプなのか知り、薄毛のタイプに合わせた対策が必要です。
    また、季節によっても髪の毛や頭皮のお手入れの方法は異なります。
    いつも同じ方法でケアしている人が意外と多いのですが、髪の毛は季節の影響を受けやすいため、季節に合わせた薄毛対策が必要になります。
    ある化粧品メーカーの調べによると、季節によって髪の毛のお手入れを変えているという人は、3割にも満たないそうです。

     

    夏の暑い日は、脂や汗などで頭皮に悪影響を及ぼすということは知られていますが、冬の寒い時期は抜け毛が増えます。
    冬の寒さが抜け毛を増やしてしまう理由は「寒さで頭皮の血行が悪くなってしまう」、「頭皮が乾燥して、育毛環境悪くなる」からです。

     

    血行不良」は、寒くなると体と同様に寒さによって頭皮の血管が収縮してしまいます。頭皮の血流が悪くなることによって、頭皮が寒さで硬くなってしまうのです。頭皮が硬くなると毛髪を健やかに育てるための栄養が行き渡らなくなってしまい結果、抜け毛が増えてしまうのです。

     

    頭皮の乾燥」は、冬の空気が乾燥しているため人間の肌も乾燥しがちです。
    男女問わず、乾燥肌で腕やすねなど粉が吹いたようになるという方もいるのではないでしょうか?
    ひどくなるとかゆみも伴い、お風呂上りのクリームが手放せなくなりますよね。この季節になるとかゆみを抑えるクリームがドラッグストアなどに、沢山並びます。
    冬は自然の空気の乾燥に加えて、暖房をつけた部屋は更に乾燥してしまいます。その結果もちろん、頭皮も乾燥してしまうのです。
    頭皮が乾燥すると、フケが出る原因にもなります。
    フケが出る事によって、髪の毛に必要なたんぱく質が減ってしまい抜け毛に繋がってしまうのです。

     

    寒さによる血行不良の予防方法
    一番簡単な方法は、やはり「暖めること」です。外に出る時には、帽子をかぶって頭を防寒しましょう。
    しかし、暑いのに無理をして帽子を着用していると頭が蒸れてしまいこれも抜け毛の原因になるので、上手に着脱するようにしましょう。

    髪型が崩れてしまうなどの理由で、帽子をかぶることはちょっと苦手だという方は、首を暖めてください。
    マフラーやネックウォーマー、ハイネックの洋服などで首を暖めることによって首から上が暖まり、頭皮も暖めることができます。

     

    冬の薄毛対策の鍵は「乾燥予防」
    外出時に帽子をかぶる事は、防寒だけではなく乾燥の予防にもなります。室内にいる時には、出来れば加湿器をつけて部屋の湿度を調節しましょう。
    頭皮だけでなく、加湿する事で肌にもよく、風邪の予防にもなります。
    また、夏と違ってあまり汗をかかないので、外出しない日などはシャンプーをお休みする事も肌の乾燥を防ぐ事が出来ます。
    しかし、シャンプーをお休みするのは1日だけにして下さい。2日以上シャンプーをしないと頭皮に汚れや余分な皮脂が溜まってしまいこれも抜け毛の原因になってしまうので注意してください。
    乾燥して、頭皮がかゆくなることがあるかもしれません。しかし、決してかかないでください!!かいてしまうと、デリケートな頭皮はすぐに傷ついてしまいます。

    空気の乾燥によって髪の水分が少なくなると、キューティクルが剥がれやすくなりダメージヘアになってしまいます。また、頭皮が乾燥してしまうとフケ、かゆみなどの炎症が起こります。
    炎症を起こしてしまった頭皮は、育毛・発毛を邪魔してしまい抜け毛と薄毛を加速させてしまうのです。

     

    夏にオススメの薄毛対策
    夏は、なんといっても強い紫外線によって頭皮がダメージを受けてしまいます。顔や手足などのUVケアはしっかりしているのに、頭皮はどうですか?夏は強い紫外線が髪の美容成分を刺激して、キューティクルを破壊してしまいます。
    そのままUVケアをしないで、キューティクルが破壊され続けるとダメージヘアになってしまいます。そして頭皮は焼けてしまい、ヘアサイクルが乱れ抜け毛が増えてしまいます。夏、外出する際は髪にも使える日焼け止めを使用しましょう。
    ドラッグストアなどで、スプレータイプの髪・顔・全身用の日焼け止めがお手軽な価格で購入する事が出来ます。

     

    季節によってヘアケアを変える事で、抜け毛を防ぐ効果があり、正しくケアを行なうことで改善の可能性が高くなります。髪と頭皮の状態をこまめにチェックしながら、状態に合わせたケアを行ないましょう。

    マイナチュレ

    食事で防ぐ抜け毛・薄毛対策

    太くしなやかな髪を作る為には、良質なたんぱく質を摂る事が必要不可欠になってきます。抜け毛・薄毛対策に一番大切なことは「毎日の食事でしっかりと栄養を摂る事」です。栄養が偏った食生活をしていると、いくら高額で効果のある育毛剤を使っても十分な効果を得る事は難しいでしょう。

    髪の毛は「ケラチン」というたんぱく質で作られています。「ケラチン」は、18種類ものアミノ酸の結合体です。丈夫でしなやかな髪の毛をつくるためにおすすめの食品を紹介していきます。

     

    美容にかかせない「大豆」
    大豆製品は、味噌・豆腐・納豆・豆乳など日本人の生活にとても身近な食材ですよね。肉などと違い、脂を摂りすぎる心配も無いし栄養素の吸収率も高くとても優秀な食材です。
    調理も簡単なところもうれしい点です。
    朝ごはんに納豆をプラスしたり、コーヒーを飲む習慣があるという方はカフェオレをソイラテにしてみるのはいかがでしょうか?
    最近ではコンビニやスーパーでたくさんの種類の投入が売られています。毎日の食事にプラスして見てください。

    大豆には「イソフラボン」が含まれており、「イソフラボン」は、女性ホルモンと似た働きをしてくれます。
    女性のお肌に良い事はもちろんですが、男性ホルモンが過剰に働く事を防ぐ働きも持っているのです。
    「イソフラボン」の働きによって、ホルモンバランスを調整し抜け毛を防ぐ働きも期待できるのです。

    たんぱく質を摂取する事にプラスして、より育毛効果を高める方法があります。
    それは、たんぱく質と一緒にビタミンを摂取するということ。
    では、どのようなビタミンを摂取するとより効果を上げることが出来るのかご紹介したいと思います。

     

    ビタミンB群
    アミノ酸の代謝にとても重要な栄養素す。また、血液を作るのにも重要な栄養素です。
    まぐろ、かつお、あじ、さばなどの魚に多く含まれています。

     

    ビタミンD
    髪の黒い色素を作るのに必要な成分です。
    ビタミンBの豊富なあじ、さばに多く含まれています。

     

    ビタミンA
    緑黄色野菜に多く含まれているビタミンAは、皮膚や髪の毛の健康に欠かせない成分です。
    熱に弱い為、加熱せずに生で食べる事をお勧めします。
    どの食材も身近なものばかりです。
    朝はなかなか時間がとれないかもしれませんが、たまには豆腐の味噌汁に焼き魚の昔ながらの朝食を摂る事は、育毛に効果がありそうですね。毎日の食事に意識して摂取するようにして育毛効果を高めましょう。

     

    いかがでしたか?
    女性の薄毛について理解を深め、毎日の生活の中で意識することが髪を守り、薄毛を防ぐことに繋がります。習慣として取り入れてみてくださいね。

     


    全ての記事一覧

    AGA薄毛治療の悩みなら、薄毛研.com でご相談

    Copyright (C) 2017 薄毛研.com All Rights Reserved.