• HOME
  • 飲酒は薄毛対策に効果的?!

【ヘッドライン】

飲酒は薄毛対策に効果的?!

公開日:2017.07.10

facebookでシェア twitterでつぶやく
お酒を飲むことで、血行が良くなり更にはストレス解消になるため薄毛対策になるのではとお考えの方からの相談 をご紹介します。
相談者は、50代の男性です。
つむじの周辺の薄毛が気になり、悩んでいます。薄毛の原因のひとつに生活習慣があると聞きました。もともと私 は愛煙家でしたが、2年ほど前にタバコはやめました。食生活にも気を使っており、肉よりも魚中心の食生活で、 野菜も出来る限り多く摂取するように心がけています。生活習慣に気を使っても、薄毛が進行しているのは明らか です。友人からの指摘で[飲酒が薄毛の原因では?」と言われましたが、ピンときません。飲酒は血行促進になり 、逆に発毛効果があるのではないかと考えます。更に、飲酒は薄毛の敵であるストレスの解消にもなります。飲酒 習慣は薄毛対策になるのではないかと思いますが、お酒と薄毛の関係はどうなのでしょうか。

飲酒と薄毛の関係

お酒を飲む事で薄毛対策になるのか、専門家にうかがいました。

「飲酒した時のアルコールは、肝臓で分解されます。アルコールを分解する際にアミノ酸を消費しますが、そのア ミノ酸は、毛髪を産生する際に必要となるたんぱく質です。つまり、アルコールを摂取すると髪を作る為のたんぱ く質が消費されるため、髪を作る為に必要なアミノ酸が不足してしまう可能性があるのです。また、アルコールに よって肝機能が低下するとビタミンや葉酸や亜鉛などその他の栄養素の吸収がうまくいかない可能性もあるのです 。 アルコールを分解するとアセトアルデヒドという物質が作られます。このアセトアルデヒドは、二日酔いの原因と なる物質で毒性があります。アセトアルデヒドが蓄積されてしまうと、健康を害したり睡眠の質を下げるという報 告もあります。睡眠の質が下がってしまうと、髪の成長をさまたげる危険性があります。」(看護師)

「医学的に言うと、お酒は薄毛の原因にはなりません。しかし、大量にお酒を飲む事によってアルコール中毒にな ってしまうと、禁断症状で髪の毛をむしり取るという行動を起こすことはあります。 お酒は適度に飲む事によって、ストレス解消効果や血行促進効果を得られ、太い髪の毛を作ることが出来ます。薄毛の原因は、遺伝という場合も多い為両親や親戚に薄毛の人がいる場合には、薄毛になる可能性が高いと言えま す。 禁煙や食生活に気を配るなど、生活習慣にも気をつけているようですが食事はバランスの良いものを心がけてくだ さい。肉よりも魚に変えているようですが、肉のたんぱく質は髪に栄養を与えてくれます。 更に、適度な運動とストレスを溜めないということもプラスして頂くと、さらに薄毛の進行を抑える効果がありま す。」(医師)

結論としては、適度な飲酒は薄毛対策に効果が出る場合もあります。ただし、適度なお酒の量には個人差があるの で、気をつけましょう。
引用元:日刊アメーバニュース

全ての記事一覧

AGA薄毛治療の悩みなら、薄毛研.com でご相談

Copyright (C) 2017 薄毛研.com All Rights Reserved.